[ギアレビュー]超軽量コットはこれに決まり!ヘリノックス ライトコット

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トクです。

キャンプの睡眠快適性を上げるためには、コットを導入するのが一番!

ただコットは徒歩キャンパーにとって、重量的にかさむのもまた事実です。

今回は私が使っている、超軽量コットを紹介していきます。

3年間がっつり使ってきたレビューです。

良ければ最後までご覧ください。

PR

Helinox / ライトコット

商品詳細

重量1.2kg(1.26kg)
※()内はスタッフバッグ込みの重量です。
耐荷重(静荷重)120kg
展開サイズ長さ185×幅60×高さ13cm
収納サイズ幅53×奥行き13×高さ13cm
ブラック(BK)、グレー(GY)、サンド(SD)

ヘリノックスのコットの中では一番軽いモデルのコットです。

またDAC社製の超軽量合金製ポールを採用しているため、軽量性と剛性を両立させています。

耐荷重も120kgあるので、成人男性でも余裕で使用可能なのもポイントです。

内容物紹介

ベッドシート、サイドフレーム2本、ベースフレーム4本、収納袋がセットです。

他のコットに比べると圧倒的に軽いです。たぶん、組み立てて持つとびっくりしますよ!

軽すぎて風があるときは要注意です。

組み立て方

組み立て方は裏地に印刷されていますので、わかんなくなった時も安心。

2本あるサイドフレームを組み立てます。

ベッドシートに差し込みます。

ベースフレーム4本を組み立てて接続していきます。

取り付ける順番があり、中央2か所を付けたらサイド2か所をはめていきます。

買って数回はこのはめる作業がめちゃめちゃ固いです。

力のない方だと、最初だけ苦労する可能性あります。

4本付けたら完成です!

なれると1~2分でさっとできるので、私はキャンプ場に着いたら最初に組み立てて荷物置きに使ってます(笑)

他社軽量モデルとの比較

私がライトコットを選ぶ際に比較したモデルと理由を紹介していきます。

1か月くらいいろいろ試して当時は大変悩みました(笑)

これ徒歩キャンパーでなければ、ここまで悩む必要もないことでもあるんですが・・・

サーマレスト / ラグジュアリーライト ウルトラライトコット

サーマレストの軽量コットで、重量は1195gです。

ほんの少しサーマレストのウルトラライトコットのほうが軽く、シート面がアルミ蒸着で冬などはあったかく使えるようになっています。

友人のを使わせてもらいましたが、背中が少しあったかかったです。

ただし布の張りが緩めなのか、当時80kgあった私だとお尻あたりが地面に接してしましまた(笑)

あとは設営が少し大変だったので、私の候補から外れました。

ヘリノックス / コットワン コンバーチブル

足を付ければハイコットにも変身できるコットワンコンバーチブル、重量も2190gなのでぎりぎり許容範囲かなと検討していました。

ベースフレームが3本で、さらに特殊機構で組み立てるのが超楽です!

正直ライトコットは力を必要とするので、楽したい方はコットワンのほうがおすすめです。

あと色が赤色のがあり、最後まで比較検討していました。

友人のコットワンですが、超快適そうです!

中華系軽量コット

Amazonなどでコットで検索すると、かなりの数がいまでは出てきます。

粗悪品やコピー品も多くいので、私個人としてはあまりお勧めはできません。

就寝時無意識化で使用するものなので、壊れて痛い目を見るよりかちゃんとしたものを買ったほうがいいと思います。

ただ、予算を抑えた買ったり家族の分揃えたりする場合はしょうがないのかなとは思うところです。

実際に3年間使った感想やパッキングなど

寝心地は最高!

気持ち良すぎて青空の下寝る私

キャンプで寝れなくて次の日つらい!ってことはコットを使えばなくなると思います!

独特の弾力感もあり、心地よい眠りを得られます。

ただ、体の大きい人はライトコットだと寝相によってはみ出すと思います。

175cm 75kgの私だと全身ちょうど入るくらいです。

夏は涼しい、冬は寒い

夏場は地面から浮いている分、かなり涼しく過ごすことができます。

タープ泊でコットを使えば、風も感じて最高です!

逆に冬場は地面からの冷えというか、空気の冷えで結構寒いです。

ちゃんとした冬用マットをライトコットの上に敷いて寝る必要があります。

一度秋にマットなしで寝たら寒すぎて焦りました(笑)

パッキングは結構簡単

山と道 miniを使用 夏場装備

収納サイズがそこまで大きくないので、私はザックに外付けすることがほとんどです。

上の荷物の時のサイト(右のテント)

外付けしておけば、キャン場に着いたら先にコットだけ作って荷物をそこで広げれて便利です。

モンベル40L 冬用装備コット使用時

冬用装備でもこれくらいで行けます。外付けしているマットの中にコットも一緒に巻いています。

上の荷物の時のサイト ニンジャシェルター

コットがあれば、そこでずっと私はだらだらするくらい楽です!

まとめ

カフラシルとコット

徒歩キャンパーだと諦めがちなコットですが、軽量なライトコットであればザック1つでもキャンプに行くことが可能ですよ!

軽量モデルはどうしてもお値段が張りますが、その分快適性が手に入るので一度使ってみてください。

今回紹介したヘリノックスのライトコットなら、モンベルさんに行って店員さんに言えば全モデル体験することができます。

購入検討している方は絶対に一度は試して、自分で組み立てることをお勧めします。

それではみなさんよいコットライフをー!


ランキング参加中!よければ1ポチッお願いします!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました