[キャンプ場紹介]小田原市いこいの森 RECAMP おだわら!設備やサイトも超充実したキャンプ場!

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

今回は神奈川県小田原市にある「小田原市いこいの森 RECAMP おだわら」の紹介です。

都心からのアクセスも良く、設備が非常に整っています。サイト数も多くファミリー・ソロどちらにも対応している高規格キャンプ場。

魅力を少しでもお伝えできればと思いますので、よければ最後までご覧くださいませ。

PR

小田原市いこいの森 RECAMP おだわら

どんなキャンプ場?

都心から車で1時間の好立地。箱根外輪山の麓、森の中を清流がせせらぐ自然溢れるキャンプ場。

・歴史が残る城下町、観光資源が豊富な小田原。
・箱根外輪山の麓、清流と自然溢れる周辺環境。
・都心から車で1時間、最寄りICから5分の好立地。
・箱根湯本の温泉街へも車で約10分。
・近隣にはお子様が遊べる
 「小田原こどもの森わんぱくらんど
・ジップラインなど大人も遊べる
 「フォレストアドベンチャー小田原

出典:公式サイト

小田原の町並みを見ながら山に入ると、広大な敷地に広がるキャンプ場に到着します。

RECAMP おだわらは個人的にリピートするほど大好きなキャンプ場です。

常にサイト開拓をしているので、まだまだ進化中です!

サイトの広さもファミリー向けオートサイトから、ソロ向け林間サイトまで幅広くあるのでその時々の状況に合わせて使い分けることが可能です。

キャンプできる期間は?

基本的には通年営業なので、冬場もキャンプを楽しむことが可能です。

イベント関係やサイト工事で利用できない日もあるみたいなので、予定を立てる際は公式サイトを要チェックです!

チェックインが14:00からと遅めですが、逆にチェックアウトが12:00までとのんびりとキャンプを楽しむことができるようになっています。

*2023/4 以降はチェックイン:13:00~/チェックアウト:~翌10:00(一部~翌11:00)と変更になります。

乾燥撤収もできてありがたいですね!小田原観光などをチェックイン前にすることで、のんびりと観光・買い物も楽しめちゃいます。

営業期間通年営業
チェックイン14:00 ~ 18:00
チェックアウト~ 翌12:00
アーリーチェックイン無し

予約はどうやってするの?

予約はキャンプ場予約サイト「なっぷ」の公式ページより予約が可能です。

予約は原則すべてオンライン上での事前予約必須です。また予約時の支払いはオンラインカード決済なのでカードの準備をお忘れなく!

小田原市 いこいの森 RECAMP おだわら
小田原市 いこいの森 RECAMP おだわらの詳細。口コミやブログ・写真などリアルな情報をチェック。アクセスや料金、営業情報など利用するのに便利な情報満載です!

利用料金はおいくら?

サイトタイプ利用人数料金
林間オートサイト6名まで7000円~
清流リバーサイト4名まで4000円~
密林テントサイト2名まで4000円~
密林ソロデュオサイト
(2022/4 ~ オープン)
2名まで2000円~

RECAMP おだわらのサイト料金は、利用するシーズンにより変動します。掲載している料金は参考程度にご覧ください。小田原市民の方は市民割引もあります!

*2023/4 以降は利用時間の変更と共にサイト料金も一部変更されます。

どのプランであっても、1サイトあたりの面積が広く使いやすいと思います。

オートサイト以外は場内有料駐車場を別途利用する必要があります。

現地受付方法や買い物について

チェックイン受付時は一時的に駐車場に車を置き、管理棟にて受付を行います。現地スタッフが案内してくれるので安心です!

基本的にオンライン決済をしているので、サイトの説明を受ければ完了です。

薪やキャンプで必要な小物類は、管理棟で購入することが可能です。

薪(5kg)900円
炭(2kg)800円
着火剤300円
ガス缶(OD缶)各種900円~

食材などはキャンプ場では販売していないので、チェックイン前に買い出しを済ませておきましょう。最寄りのスーパーは「マックスバリュ小田原荻窪店」です。

どうやってキャンプ場までいくの?

車の方はナビでキャンプ場を入れるか、いこいの森を入力すると迷わずに行くことができます。

小田原厚木道路 荻窪ICより5分

電車・バス移動の場合2種類方法があります。

①箱根登山バス
 小田原駅西口3番のりばから「いこいの森(わんぱくらんど)行」

② 伊豆箱根バス(土日祝のみ運行)
 小田原駅西口1番のりばから「いこいの森行」

キャンプサイトについて

広大な敷地にテントサイト・バンガロー・研修棟などさまざまあります。

基本的にはテントサイトのみをざっくりと紹介していきます。

オートサイトでも予約時の人数や車の台数により、サイトが割り振られるため自分で選択することはできません。

林間オートサイト (ファミリー・グループ向け)

面積としては約80㎡程度あります。

※普通乗用車1台/4~6人用テント1張り/タープ1張りが目安となります。

定員人数は6名までです。

清流リバーサイト (ソロ~グループ 軽量キャンパー向け)

場内を流れる清流を肌で感じられる川沿い区画サイトです。

ソロや少人数での静かで優雅なキャンプを楽しめます。夜もオートサイトから離れているのでかなり静かに過ごせます。

2~3人用テント1張り/タープ1張りが目安となります。ソロテントであれば3張くらいは余裕です。

定員は4名までです。

密林テントサイト (ソロキャンプ向け)

茂みの中にひっそりと佇むキャンプ上級者向け川沿い区画サイト。ソロ利用ならここがおすすめ!

※地面には切り株等が多いため、5名用以上の大型テントの設営は不可。ソロテントは問題なく利用できます!

定員は2名までです。オートサイトから近いですが、意外と静かでのんびりと過ごせます。

RECAMP おだわら リピートして感じること

地面の硬さ

地面の硬さオートサイトは砂利ぎみ、リバー・密林は硬すぎない地面です。
どのサイトも緩すぎない硬さで安心感があります
ペグの種類アルミペグでも問題なく使用できます。
木々に囲まれているため、風も強くなく好きなペグで対応可能です。
ペグハンマーの有無アルミペグ位であれば、足で踏み込んでペグダウン可能です。
ただし付近に石等が落ちていないので、不安な場合ペグハンマーを持っていったほうが良いです。

車の乗り入れがある部分は砂利が敷き詰めてあり、安定感がありますが坂道はスリップしやすいので車の運転は要注意!

サイトは全体的に広めの区画

サイト数は多いけど区画が狭いキャンプ場も多い中、しっかりとした広さがどのサイトも確保されています。

一番小規模な密林サイトもソロ・グル利用ならテントにタープに問題なし!

ごみはすべて捨てれる!これは助かる!

ごみは持ち帰りのキャンプ場が増える中、すべて捨てて帰ることができます。

分別も難しくなく、受付時に渡される案内表やゴミ置き場にも書いてあります。

ゴミ袋だけは持参する必要があるので、買い物袋などを忘れずにとっておきましょう。

自動販売機がいたるところにある!売店も夜までやってるよ!

キャンプ場内4~5か所に自動販売機が点在しています。

アルコール類の販売はありませんが、飲み物が欲しくなった時にすぐに帰るから便利です!

管理室も夜の20時くらいまで開いているため、小物類や薪の補充で困ることもないと思います。

薪割り機も使えて便利だよ!

水回りが充実!トイレ・水道・シャワーあり!

キャンプ場でよくある不満が水回りですが、かなり丁寧に手入れがされています。

トイレもキャンプ場内に数か所あり、ウオシュレット付きで安心。(2023/4 まで一部トイレ工事中の箇所あり)

大規模な水場があるため、食事の準備で混雑することもありません。

シャワールームも完備!使用時間に制限があるので確認してから行きましょう!

ドライヤーも設置してあります。

夜は暗めなのでライトは必須

小田原の町からも離れているので、暗く静かな夜を楽しめます。

街灯もありますが、夜間移動する際はライトを持参したほうがよいでしょう。

冬場の冷え込みはなかなか

通年営業しているキャンプ場なので、真冬でもキャンプが可能です。

ただ、小田原の山間部に位置するためそこそこ冷えます!

冬キャンプの防寒はしっかりと準備していきましょう!

まとめ

RECAMP おだわらの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

小田原の町からもあまり離れていないので、観光とキャンプを一挙に楽しめちゃいます!

キャンプ場自体の設備が充実しているため、初心者の方にもお勧めできます。

ファミリーからソロキャンパーまでしっかりとすみわけのできている、素晴らしいキャンプ場でした。

ぜひ小田原エリアを検討している方は一度利用してみてください!

るるぶ 熱海 箱根 湯河原 小田原 (るるぶ情報版)

るるぶ 熱海 箱根 湯河原 小田原 (るるぶ情報版)

1,800円(07/15 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらも合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました