[ギアレビュー]Steam Deck OLED!控えめに言って最高です!お勧めのギアも合わせて紹介!

5.0

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

今回紹介するのはモバイルゲーム機。

VALVE 「Steam Deck OLED」。

モバイル端末で最新ゲームができるという夢の端末を、LCDを1年使い倒した目線で紹介していきます。

良ければ最後までご覧くださいませ。

PR

Steam Deck OLED / VALVE

商品詳細

重量約640g
本体サイズ298×117×49mm
バッテリー駆動3~12時間ームプレイ
付属品ケース、ACアダプタ、説明書
価格512GB モデル(8万4800円)
1TB モデル(9万9800円)

これが何かと聞かれれば高性能な携帯ゲーム機です。

中身は小型のPCですが、ゲーム用途にチューンされておりスイッチなどと同様の使用感です!

2022年12月17日に正式に日本で販売開始されて、丸一年で痒いところに手が届くアップデートで再登場しました。

目につくところは液晶(LCD)から有機EL(OLED)へ変わったディスプレイですが、それ以外もマジで最高の一言。

LCDモデルで1年使用した不満点がほぼほぼ解消されているので、感激すらしました!

バルブスチームデッキ 512GB ハンドヘルドコンソール

バルブスチームデッキ 512GB ハンドヘルドコンソール

101,999円(07/14 19:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

新旧モデルで何が変わったの?

基本的な処理性能などは新旧で違いがなく、それ以外の点での改良が加わっています。

個人的にここが良かった!という点を挙げていきます。

  • 画面の明るさUP! 400ニト(標準)→ 600/1000ニト(SDR/HDR時最大)
  • バッテリーUP! 40Wh(2~8時間)→ 50Wh(3~12時間)
  • 本体が軽く! 約669g → 約640g
  • ファンが静か! 静音性・熱効率がUP!

基本的な性能ではなく、本当に1年Steam Deck 使ってきて不満だった細かいポイントの解消がされています。

Switch の LED モデルに買い替えたときの感動に似たものを感じました。

Steam Deck OLED 購入方法① Komodoオンラインストア

購入は日本の正規代理店Komodo オンラインストアから行えます。

記事作成時点(2024/1/19)では在庫有りのモデル( LCD256GB )は即購入可能になっています。

今回紹介しているOLEDモデルは在庫切れですが、1ヶ月に2回程度在庫復活を繰り返しています。

中旬・下旬〜次月初旬あたりが目安かなと思います。

Komodoストアから購入したい場合は、以下の準備をしておきましょう。

  • ほしいものリストへの追加
  • 公式X(旧Twitter)のフォロー
  • Koodoアカウントの事前作成・情報の追加

オンラインストアで在庫が補充されるタイミングは、まちまちで朝・昼・夕方とばらつきがあるため予想が難しいです。

Steam Deck OLED 購入方法② 実店舗

実店舗でのSteam Deck OLED販売も開始されています。(地域によっては対象店舗がない場合もあります)

在庫がない場合でも、Steam Deck の試遊だけはできたりします。サイズ感などどんなもんやと、触りに行くのもいいかと思います。

正規取り扱い店舗リストは以下のサイトからご覧いただけます。

正規取扱店舗

実機を見ながら紹介

商品パッケージ

本体サイズの割にはジャストサイズのダンボールで到着します。

細かいところに遊び心が感じられるので、破り捨てずにコレクションしています。

OLEDモデルは専用ケースパッケージが色鮮やかに変更されています。

同梱品などチェック

同梱品は専用ケースに入ったSteam Deck、45W ACアダプタ、説明書です。

防御力抜群の専用ケースは、初見時度肝を抜かれました。まじでかいです!

Steam Deck の説明書。LCDモデルの時はペラ1だったのに冊子になってる。

45W ACアダプタはLCDモデルからロゴが追加されています。コンセント部が折りたたみできないため、持ち運びには不便です。

持ち運びが多い場合は、買い替えたほうが幸せかもしれません。

Steam Deck OLED 本体をざっくりチェック

正面から、OLEDモデルになってアナログスティックの根本が黒く変更されています。

あとは正面写真だけだと、何が変わった?ってくらい変化はなしです。

背面から、こちらは写真ではまったく変化がわかりません。

LCDモデルと持ち比べて初めて、本体プラスチックの感触が違うなと気がつくくらい。

本体上部、電源ボタンの色が変更になっています。このボタンがOLEDであることをわかりやすく示しています。

画面サイズの密かなアップは、正直プレイしていてもほぼ気にならない程度でベゼルせまいかな?くらいです。

本体下部、こちらは変更無しです。マイクロSDカードスロットなどが存在します。

OLEDモデルは512GB〜と容量が増えていますが、ほとんどの人は追加でマイクロSDを指すことになると思います!

AAAタイトルはありえないくらいの容量で、すぐにいっぱいになってしまうので笑

Steam Deck OLED と合わせると幸せになるギア

①ダイソー タブレットスタンド

LCD版のレビュー時に載せたんですが、なんだかんだでダイソータブレットスタンドが一番使いやすいです。

Steam Deck LCD の本体厚みとシンデレラフィット!

角度の調整が容易。

価格が安い!もうスタンドはこれが最強ですね。

②モバイルバッテリー 27000mAh / Alfox AF-PB001

Steam Deck OLED でバッテリーが強化されたとはいえ、外出時に長時間AAAタイトルを遊ぶにはバッテリーがもっとあった方が良い!

今までは10000mAh の高速充電非対応のものを使用していましたが、Steam Deck と運用するにはスペックが足りていませんでした。

大容量!充電速度!パススルー対応ということで思い切って購入!

あまり見たことないメーカーでしたが、今のところはとても快適に使用できています。

Steam Deck なら3回くらい充電行けていますよ!

かなり気に入ったので個別レビュー後日作成予定です。

③薄型 キャリングケース / tomtoc A0538G1-JP

軽旅の場合は、外でSteam Deck を使用することがかなり多いです。

純正ケースは防御力もあって、安心感も抜群なのです。しかし、カバンのスペースを大幅に使用してしまう。

tomtoc のSteam Deck ケースは純正の半分くらいのサイズ感。

必要最低限ですが、画面やボタン類も守れているということで気に入って使用しています。

本体を入れるだけで、内部はパンパンなのでケーブル類を入れたい場合は別の袋に分けてしまいましょう!

まとめ

LCDモデルを所持している人は、性能がアップしているわけではないので買い替えるか悩んでいると思います。

個人的には、LCDモデルを楽しんで使ってきた人にこそ触ってもらいたい最高のハード。それがSteam Dcek OLED だともいます。

まじで細かい不満が解消されて、サイコーーーーー!の一言です。

Steam Deck 2が出るのは2年先とか、ネットには書かれているのでそれまでOLEDで楽しんで行きましょう!


こちらも合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました