[ウェアレビュー]Alpha Vestが想像の倍快適だった!保温行動着・キャンプの防寒着としてもいける! [山と道]

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

今回は登山用の快適ウェアの紹介です。

軽旅が愛してやまない山と道の「Alpha Vest」。

実際に使うと印象が180度変わるくらい快適でした。

良ければ最後まで御覧くださいませ。

PR

山と道 / Alpha Vest 2022 model

商品詳細

重量69g (Size S)
77g (Size M)
84g (Size L)
93g (Size XL)
素材Front: Polartec Alpha Direct (100% Polyester) 136g/㎡
Back: Shadow Rip(100% Polyester)56g/m²
サイズ展開UNISEX | S / M / L / XL
カラー展開Ebony / Black
価格¥6,600(税込)

Alpha Vest は新発表されたときから気になっていたのですが、購入タイミングがなかなか合わず今回やっと手に入れました。

初期のモデルから2022モデルで細かい変更がいくつか入っていますが、基本的な構造は同じ。前面のみ防寒の背面はなしという割り切った構造。

Alpha Tights のときもそうでしたが、想像を軽く超えて快適でした。かなりこれは使いやすい!

Alpha Vest | 山と道 U.L. HIKE & BACKPACKING
ハイキングを通じて感じた、本当に必要な道具を形にしていく。

2022モデルでの変更点

カラー展開にブラックが増えたことや、背面素材をUL Shirts にも使われているシャドウリップに変更になったことなどがあります。

初期モデルでは裏面チタンコーティングなどもありましたが、2022モデルでは廃止になっていました。

外観をチェック

パッケージはいつもの山と道仕様。中に入っているのか心配になるくらい軽い。今回購入したサイズはLサイズです。

表面

胸側には前面アルファダイレクトがびっしりしきつめてあります。

裏面

背中側は全面シャドウリップ生地です。この生地は2022モデルのUL Shirts に使用されているものと同じで、軽量なのに強度面でもかなり信頼できます。

ロゴは首後ろに有るだけなので、アピールが少なく使いやすいです。首周りは補強が施されています。伸縮性はあまりないので、脱ぎ着のときは引っ張ったりしないように注意です。

前面の腰あたりはドローコードが付いています。これを引くことで風の侵入を防ぎ、防寒性能を高めることが可能です。

首周りと同様に伸縮性はあまりないので、脱ぎ着は注意する必要があります。

重さと収納サイズはこんな感じ

今回購入したLサイズは実測値84gでした。

収納は畳んでくるくると巻いて、最後にドローコードで束ねると完成。手のひらに収まるくらいのサイズ感です。

Alpha vest 自体の通気性、保温性が高いので実際に使うと脱ぎ着する機会はかなり少なかったです。

着用参考図

山と道の商品は人気すぎてなかなか試着する機会がありません。

一例ではありますが、実際に着用している写真を載せるので参考にしてください。

性別男性 / 34歳
身長175cm 肩幅広め
体重80kg
上半身着用サイズLサイズ Alpha Vest
インナー着用サイズLサイズ アイスブレイカー
150 ロング / 150 ショート

Alpha Vest 着用イメージ前

インナー黒にするとAlpha Vestがかなり違和感なく溶け込みます。

ショートと合わせるのが夏山などでの実際の運用に近いですね。

Alpha Vest 着用イメージ後ろ

裾も長めなのでバックパックでめくり上がることはなさそうです。

バックパック着用

バックパックと直接触れる部分はシャドウリップになっているので、摩擦などによる破損も最小限に抑えられています。UL Shirtsもシャドウリップになって引きつれ・毛玉などが本当に激減したので安心できます!

実際に登山やキャンプで使用した感想

ポーラテック・アルファダイレクトは本当に温かい

通気性と保温性が高いレベルで実現されているので、着てみると前面しか保護されていないのでかなりの暖かさを感じます。また、保温行動着として着用しても風抜けがいいので蒸れることがほぼないです。

Light Alpha Tightsのときにもこの快適性に驚かされました!

就寝時の保温ブーストにも最適

テント内でのんびり過ごす時は、インナーにAlpha Vestを合わせればこれで真冬以外は行けそうなあったかさです。

また、就寝時も着て眠ることでお腹周りを暖かくして快適に過ごすことができます。

Light Alpha Tightsとの組み合わせ◎

vest と Tights を合わせることで、かなり万能な保温着が誕生します。実際冬場はダウンパンツやヒーターベストなど多用していましたが、この2アイテムで殆どの場合は事足りる現状です。

難点はこれらを着て出歩くと、パジャマ感がとても強いことです。テントから出る時は夜中でない限り、1枚羽織って私はトイレに行くようにしています笑

メンテは注意してやろう

注意書きが入っているので、必ず使用前に洗濯するようにしましょう。

その後の洗濯はネットに入れ中性洗剤でやさしくあらって、優しく干すようにしましょう!

POLARTECの前面部分にザックや寝袋についているベルクロは当てないように要注意です。べりべりっと毛をもぎ取られてしまいますよ!

まとめ

実際に使用してから軽旅の中での評価がかなり上がったAlpha Vest、少しでも魅力が伝わりましたでしょうか?1000FPのダウンには流石に保温性はかなわない、しかし十分すぎる快適性をもつAlpha Vest。

今後の登山で間違いなくスタメンギアとして愛用して行きます!

購入難易度が少し高いのだけが難点ですね。。。


こちらも合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました