[2020冬]東京都で冬キャンプができるキャンプ場情報!

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅とくです!

寒くなってきて冬キャンシーズンの到来を感じますね。

今回は東京都で冬にもキャンプができる場所の紹介です。

良ければ最後までご覧くださいませ。

PR

東京都の冬キャン宿泊できるところ

若洲公園キャンプ場

営業期間通年営業
宿泊料金600円
焚火の有無焚火台を使用すれば可能
薪の販売もあり
予約の方法TELにて予約できます

若洲公園キャンプ場では冬季も変わらず宿泊することができます。

都内に位置しているため、そこまで冷え込みもしないので冬キャンプ初心者にはオススメです♪

薪の販売もあるため、焚火台を持参すれば焚き火も可能です。ただし、芝生のサイトなので焚火シートは必須です。

Amazon | Chaslean バーナー シート スパッタシート 不燃シート カーボンフェルト 溶接火花受けシート 焚火台 シート 耐火 難燃 軽量 地面保護 養生シート | Chaslean | コンロアクセサリー
Chaslean バーナー シート スパッタシート 不燃シート カーボンフェルト 溶接火花受けシート 焚火台 シート 耐火 難燃 軽量 地面保護 養生シートがコンロアクセサリーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

平和島公園キャンプ場

営業期間通年営業
宿泊料金2600円
焚火の有無専用エリアでのみ可能
薪の販売なし
予約方法WEBにて予約可能

平和島公園キャンプ場は冬季も変わらず宿泊利用が可能です。

ただし、火器に関して特殊なので注意が必要です。

・専用可能エリアでのみ火器類使用が可能

・焚き火やBBQも同様

・キャンプ場での薪販売なし

以上のことから冬キャンプ初心者にはあまりオススメできません。

氷川キャンプ場

営業期間通年営業
宿泊料金1000円
焚き火の有無直火で焚き火が可能
薪の販売あり
予約方法平日は予約の必要なし
休日はTELにて予約

氷川キャンプ場は都心から少し離れはしますが、自然の中でゆっくりと冬キャンプを楽しめる最高の場所です。

近くに温泉もあり、最悪電車で夜退避もできるので冬キャン初心者にオススメです!

奥多摩はかなり夜の冷え込みはキツイので、薪の準備、寝袋などの装備はしっかりと準備していくのがいいです。

大岳キャンプ場

営業期間通年営業
宿泊料金2000円程度
タープなど張る場合追加料金
焚火の有無直火可能です
薪の販売もあり
予約方法TELにて予約

自然の中にあり静かにキャンプしたい時には最高のロケーションです。

直火も可能で、冬の焚火時間を満喫することができると思います。

ただし、徒歩キャンパーの場合最寄りのバスを降りて30分程度歩く必要があったりするので交通の便はあまり良くないです。

山のふるさと村

営業期間通年営業
宿泊料金200円
焚火の有無焚火は園内禁止
予約方法TELにて予約

圧倒的な宿泊価格のやまふるキャンプ場です。サイト数自体は少ないですが、レンタル品も安く充実しているため装備の揃ってない方にはいいかもしれません。

最寄りのバス停から40〜50分歩く必要があるので、奥多摩湖を観光しながら歩くといいかもです!

冬はかなり冷え込むので、防寒装備をしっかりして行って下さい。焚き火が出来ないので注意です!

まとめ

冬季に営業しているキャンプ場は多くはありません。宿泊しようと思うと、東京都だと紹介したところぐらいかなと思います。

(東京都の諸島を含めるともう少しあります)

デイキャンプならもう少し選択肢が増えるので探してみてください!

冬キャンプはしっかりと準備をして、夜寒さで凍えないようにしましょう!


ランキング参加中!よければ1ポチッお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました