[冬キャンプ入門]防寒対策どうしてる?バックパックキャンパーの気軽に実践できる対策紹介!

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

冬キャン皆さん楽しんでますか?

個人的には冬がベストシーズンですが、やっぱり寒い!

荷物に制限のあるバックパックキャンパーの防寒対策を今回は紹介していきます。

よければ最後までご覧下さいませ。

PR

冬キャンプの防寒対策を紹介!

重ね着をしっかりしよう!

専門用語で言うとレイヤリング、重ね着は考えて行うと防寒効果が飛躍的にアップします!

大切なのは空気の層をしっかりと確保すること。

ダウン製品はコンパクトなのにあったかいので重宝します!

着込みすぎてモコモコ

メリノウール下着上下→あったかいシャツ→ダウン上下→防風ジャケットとパンツ

みたいにキャンプでもレイヤリングしています。

専門的なことは下にリンクを載せておくので参考にしてみて下さい!

レイヤリングシステム(モンベル)

メリノウール製品はキャンプと相性が良い

冬といえばヒートテックが頭に浮かびますが、キャンプに関してはメリノウールが最適だと思います。

ヒートテックは汗を吸って発熱します。対してメリノウールは繊維自体に保温性・発熱性・消臭性があり天然のエアコンと言われます。

動きが少ないキャンプでは保温性の面から見てもメリノウールが適しています。

あと2泊3日くらいなら着替えなくても済むので、着替えが減らせるのも大きいです!

寝袋とマットは最重要!

極端な話ですが、地面からの冷えを守るスリーピングマットと寝袋さえしっかりしていれば凍えて死ぬ事はないと思います。

タープやフロアレステントで真冬に寝ると、朝起きたとき寝袋の外側がバキバキに凍っていることがあります。

それでも寝袋とマットの性能がしっかりしていれば寒い思いをせずにすみます。

寝袋とマットの選び方は別記事で書いているのでこちらを参考にしてみてください。

湯たんぽ最高!

ここで言う湯たんぽは、一般的なものではありません。

ナルゲンボトル、プラパティスなどの高温にも耐えるウォータータンクを湯たんぽがわりにします!

寝る前にお湯を沸かしてボトルの中に入れ、寝袋の中に入れておきます。

それだけで即席湯たんぽの完成!これかなり役に立つんで、ぜひやってみてください。

注意点として、ボトルが破けたり穴を開けたりしないようにだけ注意してください!

もちろん通常の湯たんぽ持って行けるならそっちの方がいいですが、なにぶん荷物の関係でウォーターボトルと兼用しちゃう。。

カイロは冬用の強力なものを使う

使い捨てカイロは冬キャンプの強い味方になります。

ただし、一般的なものでは冬の寒さであったまらなくなるので極暖カイロなどを選択する必要があります。

通常と比べて高価ということもないので、気兼ねなく使えるのが助かります。

冬キャンプでの私の使用方法は主に就寝時です。

寝る少し前に寝袋の中にカイロを2つくらいポイっ!防寒着の内ポケットにポイっ!

これだけで凍える可能性が減ります!

ヒーターアタッチメントは一つは欲しい!

ガソリンバーナーやガスバーナーの上に乗せるだけで簡易ヒーターになる。それがヒーターアタッチメントです。

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント 170-7065

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント 170-7065

2,757円(07/05 17:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

いろいろ種類がありますが、手に入りやすいものだとコールマンのヒーターアタッチメント。

私もSOTO のST310に乗せて使用しています。ソロテント内を温める位であれば、これで充分可能です。

ただし長時間使用には向いていません。ヒーターの輻射熱でガスボンベが加熱されてしまいます。

また、テント内で使用すると一酸化炭素中毒の危険性もあります。一酸化炭素アラームは設置して、短時間の使用にしたほうがいいです。

登山時はソラチタニウムギアのスーパーヒーターを使用しています。

諦めて寝袋の中で生活するのも楽しいよ!

寒すぎて外にいるのが辛い時は、我慢せずに寝袋の中で1日過ごすこともあります。

外は雪だらけでも、テント内は結構あったかいものです。

のんびり外を眺めたり、前室でコーヒー淹れてみたり、タブレットで映画見たりなんだってできる!

ソロキャンだと自分のペースで動けるので、こんな行動も全く問題なし!

まとめ

2泊3日の雪中キャンプ装備

バックパックキャンパーだと、荷物の上限がどうしてもあるので冬の防寒対策が大変です。

真冬は削れる装備をしっかりと削り、その分防寒装備を揃えると快適度がかなり上がります!

寒さで死なない程度に、防寒対策をして冬キャンプ楽しんでいきましょう。


こちらも合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました