[登山]秋の尾瀬に行きたい!テント泊で尾瀬沼と尾瀬ヶ原を満喫!準備編

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

秋の気配が出てきた9月後半、唐突に尾瀬に行きたくなった。

なので自分の準備も兼ねて、計画を紹介していきます。

よければ秋のトレッキングの参考にしてください!

PR

尾瀬1泊2日テント泊計画

予定ルート

1日目は大清水から入山して尾瀬沼を経由して、見晴キャンプ場でテント泊。

行動時間は4時間程度を予定。

高速バスを利用するので、遅延の可能性もあるのでそのへんを考慮して行動する必要があり。

2日目は尾瀬ヶ原をのんびり満喫して、尾瀬戸倉がゴールです。

行動時間は3時間程度なので、山小屋でおいしいもの食べたり写真撮ったりのんびり予定。

予定テント場

見晴らし地区にある、見晴らしキャンプ場を利用予定。

尾瀬沼ヒュッテや山の鼻に宿泊できれば、燧ケ岳や至物山も含んで2泊3日くらいでいきたいところだが今回は我慢。。。

コロナ自粛で体力が下がっているので、リハビリを兼ねてテント泊とハイキング!

尾瀬までの移動手段

行きも帰りも昼便の高速バスを利用します。

行きは川越で乗車し、大清水まで。

帰りは尾瀬戸倉から乗車して、川越まで。

新幹線や夜行バスで行けば、山の中ですごせる時間が増えるが仕事で寝不足なのでのんびりバスで寝ながら行くことにしました笑

関越交通株式会社|高速乗合バス尾瀬号
関越交通株式会社の尾瀬号(季節運行)です

装備の確認

衣類 行動着・保温着

用途メーカー商品名
①行動着ベースレイヤー山と道メリノプルオーバー
ミドルレイヤー山と道バンブーシャツ
トレッキングパンツ山と道One Tuck 5-Pocket Pants
②予備行動着トレッキングパンツ 山と道DW 5ポケットパンツ
③雨具ソフトシェルモンベルストームクルーザー ジャケット
ソフトシェルモンベルストームクルーザー パンツ
④保温着ミッドレイヤーファイントラックポリゴン2UL
商品名にリンクがあるものは当サイトの紹介記事に飛びます

今回は天候が2日目に崩れる可能性があったので、予備のトレッキングパンツを持っていっています。

気温は夜間でも10℃を下回らない予定で、ポリゴン2ULのみになっています。

まだ紹介していないですが、ファイントラックのポリゴン2ULは軽く雨にも強いので悪天候時にも安心して持っていけます!着心地も軽くて大好きですね!

衣類 下着・小物

左上から順番に紹介
用途メーカー商品名
①雨具ゲイターモンベルGORE-TEX ライトスパッツ セミロング
レイングローブAXESQUINレイングリップ
②行動補助グローブ AXESQUIN なんとかグリップ(忘れた。。。)
③防寒具はらまき山と道Alpha Haramaki
タイツモンベルサポーテックタイツ
帽子山と道Only Hood
④行動保温着ミッドレイヤーファイントラックポリゴン2UL
商品名にリンクがあるものは当サイトの紹介記事に飛びます

雨予報なのでゲイターを用意しています。

山と道の「Alpha Haramaki」は腹痛対策で行動していない時は着用していました。

⑤下着マスクBuffネックカバー
マスクヤケーヌヤケーヌ爽COOL
靴下モンベルメリノウール トレッキング ソックス
パンツモンベルスーパーメリノウール L.W. トランクス
⑥予備下着靴下モンベル トレッキング ソックス
パンツモンベルジオライン L.W. トランクス

マスクや下着は2着用意!正直1着でも全然いけるんですが、大雨になった時用にお守り代わりに!

テント泊装備

用途メーカー商品名
トレッキングポールモンベルアルパイン カーボンポール アンチショック
スリーピングマット山と道UL Pad 15+
テントSix Moon DesignsDeschutes Plus Tarp
寝袋Highland DesignsTOP QUILT [4th Edition]
グラウンドシートSOLヘビーデューティ エマージェンシーブランケット
インナーシーツコクーンマミーライナー 100% リップストップシルク
座布団サーマレストサーマレスト Zシート
テーブルSOLA TITANIUMGEARスーパーテーブル#1
クッカーJMWHillbilly Pot 550
エマージェンシーキットモンベルアクアペル ファーストエイドバッグ 0.5L
小物入れetcゴミ袋、予備マスク等いろいろ
水筒CNOCヴェシカ1Lコラプシブルボトル
水筒KATADYNBeFree 0.6L
食料etc2日分の行動食、軽食2食

テント泊装備も雨を想定して、準備をしました。

寝袋の Highland Designs 「TOP QUILT [4th Edition]」も雨に濡れても、保温力が下がらず快適な使い心地です!

パッキング後

今回のテント泊装備のバックパックは山と道「THREE」を使用。

ベースウエイトは5.5kgなので見た目よりかなり軽い背負い心地です!

スリーピングマットは丸めて、バックパックのフレーム代わりに使用しています。

時間がなかったので、忘れそうなものをメッシュポケットに入れてるのがリアル感あります。。。

最高のバックパックの紹介もしているので、よければご覧下さい。

まとめ

今回は尾瀬トレッキングの準備編をお送りいたしました。

結構急に準備したので、足りないものもあったりします!

次回は尾瀬トレッキングの本番を紹介してきます!


ランキング参加中!よければ1ポチッお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました