2022年版 ソロキャンパーのバーナー紹介[沼にハマって軽量化]

ご覧いただきありがとうございます。

軽旅トク(@karutabi)です!

今回はバーナーについて少し語ろうと思います。アウトドアやっている人なら一度はハマる沼ってやつです。

私がキャンプを始めて、軽量化に目覚めてどのようなバーナーを使用してきたのかを紹介していきます。

良ければ最後までご覧下さいませ。

PR

ソロ用のバーナー(火器類)について

キャンプや登山でも必須なギアの一つがバーナーです。

バーナーは本当に山のようにあり、自宅で使えるようなものから湯沸かしだけに特化したものまで千差万別です。

私は基本ソロキャンプ・ソロ登山をバックパックで行っているので、必然的に小型軽量のものを選択する方向に進みました。

軽旅がどんな目線で、バーナーを購入していったのかをここからは紹介していきます。

①キャプテンスタッグ / オーリック 小型ガスバーナーコンロ

重量300g(ガスバーナーコンロのみ)
燃料タイプガス(OD缶)
仕様点火方式:圧電着火方式
出力:2,700kcal/h
ガス消費量(約):225g/h
価格3000円程度

ソロキャンプデビュー前に高尾山で使うためだけに初めて購入したバーナーです。

キャプテンスタッグの小型バーナーを選んだ理由は

  • 価格の安さ
  • 聞いたことのあるメーカーだった
  • OD缶のシングルバーナーに憧れていた

本当に初心者で何もわからずに選んだのがこのバーナーでした。実際に5〜6回位使用して不満点が結構出てきたので買い替えを行いました。

  • 耐風性能がかなり弱め、風防使っていてもたまに消える
  • 着火装置がすぐに壊れた
  • 収納サイズが意外にでかい

ただこの価格で五徳も大きく入門用にはいいのかなとは思ったバーナーでした。

②SOTO / レギュレーターストーブ

重量330g(本体のみ) 
燃料ガス(CB缶)
仕様点火方式:圧電着火方式
出力:2.9kW(2,500kcal/h)
使用時間 : 約1.5時間
価格税込み6800円

2つ目に購入したバーナーはSOTOのレギュレーターストーブです。

CB缶タイプのレギュレーターストーブを選んだ理由は

  • 耐候性に優れていて、火力の低下が少ない
  • CB缶なので手に入れやすく、自宅でも使いやすい
  • 収納時のサイズがコンパクト

友人のを使わせてもらったらめちゃめちゃ快適で私も購入しました。CB缶なので自宅でも気軽に使えるのでこたつの上で調理とかがはかどりました!

購入して4年使用していますが、故障も特になく使用できています。

使用する上で4点ほど手を加えています。

  • 簡易風防を追加(自作)
  • 遮熱版を追加(自作)
  • 滑り止めにシリコンチューブ追加(自作)
  • 純正点火アシストレバー追加(公式)

簡易風防は100均のクッキーなどの型でサイズが合う物を乗せてます。遮熱版はアルミ板を加工してジャストサイズで作成。足の部分にシリコンチューブをはめ込み。最後に純正の点火アシストレバーを装着して完成!

どれも簡単な改造なのでおすすめですよ!(今後改造記事作成するかもです)

シリコンチューブ 5mm×7mm MGJG-5.0

シリコンチューブ 5mm×7mm MGJG-5.0

385円(05/21 20:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

③エバニュー / アルコールストーブスタンドDXセット

出典:エバニュー公式
重量86g
燃料燃料用アルコール
素材チタニウム
価格8800円程度

3つ目に購入したのははじめてのアルコールバーナー。エバニューのチタンアルコールストーブセットで、購入した理由は

  • チタン製品が大好き
  • ギアの軽量化を進め始めた
  • アルコールストーブを使用したかった
  • 専用のスタンドDXがカッコよかった

ガスストーブで使用には全く困っていませんでしたが、軽量化の面でアルコールストーブを使用してみることにしました。

EVERNEW エバニュー アルコールストーブスタンドDXセット

EVERNEW エバニュー アルコールストーブスタンドDXセット

8,800円(05/21 20:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • 火力はものすごい強いが、燃費が少し悪い
  • DXセットは風防にはならない

全てのパーツがチタンで、チタン好きにはたまらないギアです。アルコールストーブである程度料理をしたい、炊飯ぐらいはできて欲しいという私の用途とはマッチしていませんでした。

たっだロマンには満ち溢れたギアなので好きな人にはハマると思います!ヒータープレートセットしたときの火力とか凄いですもん!

④RSR / RSRストーブ

重量33g
燃料燃料用アルコール
材質アルミ合金
価格8800円

4つ目に購入したのはまたまたアルコールバーナーです。アルミ合金削り出しのRSR Stoveで、購入した理由は

  • 高燃費・高火力の両立
  • 本体直径が小さく、ミュニーク小に入るサイズ感
  • トルネード燃焼、本体が美しい
RSR Stove :st2:RSR Studio - 通販 - Yahoo!ショッピング
クラウドファンディングサイトCAMPFIREで発表され即日完売したアルコールストーブ、RSR Stove の2ndバージョンです。トルネード燃焼によりアルコールストーブとは思えないほどの高火力を発生します。本製品はアルミ合金削り出しの緻密な加工によりトルネード燃焼を可能としています、プレス加工製品とは異なり火口に一定の...

工芸品のような美しさすらあるRSRストーブ、使いだして3年くらい立ちます。正直、欠点がほぼないんじゃないかというくらい優秀です。

私は湯沸かしだけでなく、炊飯や中華鍋を使用した調理にも使います。強火と弱火の変更もでき、高燃費なので炊飯などの長時間調理も可能!

べた褒めしている使用レビューがあるので、よければご覧ください!

⑤MSR / ウインドバーナーパーソナルストーブシステム

重量465g(ガスカートリッジを除く)
燃料OD缶
仕様100%一時空気使用の一体型バーナー
1,765kcal/h
価格28600円

5つ目に購入したのは、MSRの「ウインドバーナーパーソナルストーブシステム」(以下、ウインドバーナー)。有名なジェットボイルと同じ、一体式”の調理器具です。購入した理由は

  • シルエットかっこよすぎ!
  • 超高燃費・高火力・高耐風性!
  • 絶対にお湯を沸かせる安心感!

実際に2泊以上する登山だと間違いなくウインドバーナーを持っていくくらい信用しているギアです。周りの天候がどれだけ荒れまくっていようが、必ずお湯を沸かせる安心感!

重量の面だけ見ると重すぎますが、110缶一つで3泊4日使っても半分以上ガス余ったりする高燃費。トータルしてみれば軽いもんですよ!

愛用しているうちに他のオプションも購入しているのでよければ御覧ください。

⑥エバニュー / ブルーノートストーブ

重量ストーブ本体 13g
プレヒートプレート 7g
燃料燃料用アルコール
燃焼方式オープンジェットサイドバーナー
価格税込6,050円

6つめに購入したのは2022年にエバニューから出た新型アルコールストーブ「ブルーノートストーブ」です。購入した理由は

  • 見た目がスタイリッシュ!
  • サイドバーナー式を使ってみたかった
  • 割り切った機能性に惚れた
エバニュー(EVERNEW) BLUENOTEstove set EBY639

エバニュー(EVERNEW) BLUENOTEstove set EBY639

5,790円(05/21 08:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

完全に湯沸かし専用に割り切った性能なので、不便なところはもちろんあります。でも、使っていて楽しいギアでもあります!

詳細なレビューでも触れていますが、かっこよくて楽しいギアが一番です!

まとめ

バーナーもキャンプを始めて軽量化に目覚めてかなりの変化していきました。

基本的にアルコールバーナーが大好きになり、安心感の高いガスバーナーも併用するようになりました。

バーナー本体の重量だけでなく、現場で使用する燃料の事も考える必要があるので自分に必要な量も把握することが大事ですね!

それではみなさんも楽しいギア沼ライフを!


こちらも合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました